フードロスとは

フードロスとは何かがわかる資料を集めています。

「食品ロス」と「フードロス」は違う?
その理由をSDGsとFAOの定義から読み解く
日本では、「まだ食べられるにもかかわらず、なんらかの理由で廃棄される食品」のことを指して「食品ロス」と呼んでいる。
食品ロスを管轄する省庁のうち、農林水産省の説明をみてみると、事業系と家庭系に大きく分けている。
したがって、FAOの定義の「フードロス(Food Loss)」と「フードウェイスト(Food Waste)」を足したものといえる。
食品の「3分の1ルール」とは?
ムダに捨てられないよう皆がすぐ出来る事
日本では、3分の1ルールという食品メーカーにとって厳しい商習慣が存在しており、そのせいもあって年間に500万〜800万トンもの食品ロスが発生しているともいわれています。
13億トンの食品ロス。 SDGs12「つくる責任
つかう責任」の現状と解決策
食品ロスとは、まだ食べられるはずの食品が廃棄されている社会問題を指す言葉です。この食品ロスは世界中で発生しており、SDGs(エスディージーズ:持続可能な開発目標 )目標12「つくる責任とつかう責任」のひとつに取り上げられています。
動画「食品ロス」を減らそう(消費者庁)
食品ロスをなくすために、私たちには何ができるでしょうか。消費者庁がわかりやすく動画で解説してくれています
食に感謝~いただきますの食育~
食育の実践において、食前の「いただきます」の意味を伝えることは大変重要なことです。自分のために用意された食事に関わった人たちへの感謝、食べ物となって命をくれた動植物たちへの感謝、そういった「ありがとう」の気持ちを伝える大切な言葉なのだということを忘れずに毎日の食卓を囲みましょう
消費期限と賞味期限
お店で買った食品には、安全においしく食べられる期間があり、袋や容器に「消費期限」か「賞味期限」のどちらかが表示されています。そのちがいを知って、健康を守るとともに、買い物をした時や家の冷蔵庫の中にある食品の表示をよく見て、いつまで食べられるか確かめるようにすれば、食べ物をむだにすることもありません。
食品リサイクル法の概要
食品リサイクル法は、食品関連事業者に食品廃棄物の発生抑制を求めるものです。 食品の製造・流通・消費の各段階において、業種全体で再生利用等実施率の目標を定め、目標数値の達成を目指しています。 そのため、事業者は発生した食品廃棄物を家畜の飼料や農業肥料などに再利用できるようにする必要があります。
SDGsに関わる食品ロスが起きる原因とは
日本における現状の問題点
"日本で問題となっている食品ロスは、どうやら企業と生産者だけでなく、一般家庭からも多く排出されているようです!なぜ食品ロスが発生してしまうのでしょうか?
食品ロスの発生原因と合わせて、SDGsとの関係性も見ていきます。
国連WFP協会
国連WFP協会は、日本におけるWFP国連世界食糧計画の公式支援窓口です。日本国内において世界の飢餓問題やWFP国連世界食糧計画の食料支援活動に関する情報発信を行い、多くの人々が容易に参加できる支援の方法と機会を広く提供し、日本社会からの物心両面の貢献が格段に高まることを団体の目的としています
「いただきます」の本当の意味を子どもの
食育授業から紹介します
「いただきます」の本当の意味を子どもの食育授業から紹介します
食前の言葉、「いただきます。」この言葉の意味は、食事をすることの関係してきた全ての人の行いを感謝を込めていただくことです。また、もうひとつの意味は食事をするということは「尊い命あるものの命をいただくことで自分の命を保っている」ことです。